MENU

キャッシングの利息をどう計算するかについてですが、一番オーソドックスなのが日割り計算方式のようです。
日割りで利息を計算する時の方式は、

 

キャッシングした金額×金利÷1年(365日)×返済するまでにかかった日数

 

で表されます。
ちなみに、閏年の場合は1年(365日)の部分を1年(366日)に変えて計算して下さいね。

 

例を挙げます。

  • ・キャッシング金額……10万円
  • ・金利……18.0%
  • ・返済するまでにかかった日数……30日

 

100000×0.18÷365×30=約1479

 

となるわけです。
この場合、利息は約1479円です。意外と安く感じられたのではないでしょうか。返済期間を30日で設定したからというのも理由にあるかもしれません。

 

もし今キャッシングしているという人は計算式に自分が借り入れしている金額を当てはめて計算してみて下さい。自分が払わなければならない利息はおおよそこれくらいだ、ときちんと把握することができます。
把握することによって、早めに返済終わらせよう、という原動力が生まれたりするかもしれません。
日を増すごとに、利息は増えて行ってしまいます。なるべく早く返済を終わらせて、必要最低限の金利だけ支払うようにしましょう。

 

注意してほしいのは、上記の計算方式はあくまで『日割り計算方式の利息』を調べる方法です。その他の計算方式を採用しているキャッシング会社も存在しますので、その場合は上述した計算方式を活用することはできかねてしまいます。
ご注意下さい。
そうは言っても、基本的には日割り計算を採用しているキャッシング会社などがほとんどですので、上記計算方式が使えるところが多いようです。